海外ライブチャット攻略

ストリップチャットとは?安全性や料金・支払い方法・無課金での使い方

ストリップチャットってどんなサイト?無料・有料の使い方や注意点が知りたい

こんなお悩みを解消します。

記事の信頼性

  • アダルトライブチャット歴4か月
  • 毎月1万前後ライブチャットに課金
  • 体験記事や動画をほぼ毎日更新

ストリップチャットは無料でも遊べますが、海外サイトならではのルールやマナーも存在します。

動画でも解説しています

stripchat動画のサムネイル

ストリップチャットは支払い方法も豊富です。

支払い方法が豊富なサイトほど安全性が高いので、課金・無課金どちらも安心して楽しめます。

ストリップチャットではバンドルカードも使えます

バンドルカードの解説動画

vandle動画のサムネイル

記事ではストリップチャットの安全性や無課金での使い方、お得なコインの購入方法なども紹介しています。

Stripchat(ストリップチャット)とは?特徴と安全性について

基本無料で遊べる「チップ制」の無修正ライブチャット

ストリップチャットは基本無料で遊べる「チップ制」の海外ライブチャットです。

チップ制とは、見せてくれたお礼にチップ(スパチャのような投げ銭)を送るシステムのことです。

国内のライブチャットは1分ごとに料金が発生する時間制ですが、チップ制は時間で料金が発生しません。

常時5,000~9000人以上のキャストがオンラインで配信しているので、世界中の素人女性の無修正オナニーがいつでも見れます。

利用者数は世界No.1

ストリップチャットは利用者数(月間アクセス)は約10億と世界トップです。

以前まではチャッターベートがトップでしたが、2024年現在ではチャッターベートが3~5億、ストリップチャットが7~10億となっています。

運営会社は国際的なIT企業

ストリップチャットは国際的なIT企業「Technius Ltd.」が運営しています。

公式サイト下部には以下の各種届出、ポリシーもしっかりと明記されています。

  • RTA(Restricted to Adults):成人向けコンテンツの取り扱いに関する届出
  • ASACP(Association of Sites Advocating Child Protection)は児童ポルノ禁止に関する届出

怪しい広告は表示されない

ストリップチャットは違法サイトのように怪しい広告は表示されません。

課金での収益がメインなのでセキュリティが高く、ワンクリック詐欺や危険なサイトに飛ばされる心配もありません。

日本語対応・サポートも日本人が対応

日本語対応もかなり進んでいます。

お問い合わせページなどで一部英語表記がありますが、日本語で送れば日本人スタッフが対応してくれます。

無修正配信を見るのは違法?

日本からストリップチャットの無修正配信を見ても、法律上問題はありません。

以下専門家の見解です。

一方、個人で楽しむため無修正のav動画や画像を購入、ダウンロードする行為や、それらを閲覧、所持する行為を処罰する法律はありません。

刑事事件弁護士相談ナビ|無修正AV動画や画像は違法?犯罪になるケースと適用される法律

わいせつ物頒布等罪は、単純所持を処罰の対象にしていません。そのため、無修正AVや画像を自分で観るために所持する行為は、罰せられないことになります。また、無修正AVや画像を購入する行為や、インターネットで観る行為、ダウンロードする行為に関しても犯罪となりません。

アトム法律事務所|無修正AVや画像が原因で犯罪になるケース|行為や法律を解説

日本の刑法では、無修正のDVDが「わいせつ物」として取り扱われます。つまり、扱い方を間違うと罪になるのです。

では、個人で鑑賞するために購入するのは罪になるのでしょうか。結論から言うと、個人使用の範囲ならば罪にはなりません。無修正のアダルトDVDに関わって犯罪になるのは、以下の4ケースです。

・頒布
・販売
・公然と陳列
・販売目的の所持

これは、刑法の175条に規定されています。

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ|無修正の違法DVD(AVなど)を購入(所持)すると法律上、捕まる(犯罪)?逮捕されるケースは?

国内ライブチャットで無修正配信をするのは法律で禁止されていますが、海外サイトでは海外の法律が適用されます。

日本の場合は無修正コンテンツを販売・アップロードを行うと違法ですが、海外サイトの場合は視聴するだけなど「個人で楽しむ範囲」であれば違法にはなりません。

ダウンロードに関しては、公式のサービスとして販売している無修正コンテンツであれば安全です。

ストリップチャットの場合はコインを使った録画機能がありますが、配信のダウンロードなどはできません。

配信を勝手に録画・ダウンロードする行為は禁止されていますし、非公式でダウンロードする場合はウィルス感染などの危険性もあるので注意しましょう。

使ってみて感じたメリット

日本人の女の子が多い

ストリップチャットは他の海外サイトに比べて日本人キャストが多いです。

オープンして間もない時期は日本人が少なかったようですが、今は常に日本人女性が配信しています。

多い時だと30~40人配信していることもあります。

カップル配信も見れる

ストリップチャットでは女の子のオナニーだけでなく、男女カップルのセックス配信も見れます。

性別や組み合わせも多様で、レズカップルやニューハーフなどトランスジェンダーの配信も多いです。

日本人の複数人配信もたまに出てきますし、人気キャスト同士のコラボ配信などもよく行われています。

チャット画面が見やすい

ストリップチャットのチャット画面はシンプルです。

ライブチャットを初めて使う方でも感覚的に使えます。

スマホでも使いやすい

スマホで使いやすいことも強みです。

ほかと比べてもかなり使いやすく、PC・スマホ・タブレットとデバイス問わず楽しめます。

他と比べて良くない点

ストリーミングプレビューが有料会員限定

ストリップチャットのストリーミングプレビューは有料会員(アルティメット)限定です。

ストリーミングプレビューとは、部屋に入らなくても中をのぞける機能です。

ストリップチャットのストリーミングプレビューはスマホにも対応しているので便利ですが、アルティメット会員(月額19.99ドル)に入会しないと使えません。

他の海外ライブチャットではデフォルトで使えるところもあります。

一部日本語変換がおかしい

日本語対応は進んでいる方ですが、一部おかしな表記もあります。

例えば、ファンクラブ特典の「このキャストとの無制限のプライベートチャット」は誤表記です。

stripchatの誤表記

正しくは「プライベートメッセージが無制限」です

プライベートメッセージとは、キャストと自分にしか見えないメッセージを送れる機能です。

無料で遊ぶ場合は気にする必要はありませんが、有料で遊ぶ時は細かい誤表記にも注意が必要です。

ちなみにファンクラブの場合は「特定のキャストのみプライベートメッセージが送り放題」ですが、アルティメット会員になると「全キャストへ送り放題」になります。

ストリップチャットの使い方

女の子の探し方

女の子は以下の3つの方法で探せます。

  1. トップ画面のおすすめから探す
  2. 左上のメニュー・カテゴリーから探す
  3. 検索にキーワードを入力して探す

ストリップチャットはおすすめ機能の精度が高いので、トップ画面を開けば大体見たいものが出てきます。

細かく探したい場合は上のメニューやカテゴリー、検索で探します。

検索はキーワードで探すというより、キーワードを入力してカテゴリーやタグを見つける方が正確です。

タイプの子を見つけたら、サムネを押して入室します。

入室→退室はどれだけ繰り返しても無料なので、好きなだけ探せます。

チャット画面の見方

stripchatのチャット画面

無料で遊ぶ場合は「プロフィール」や「お気に入り登録」、「無料コイン獲得の抽選」などを使います。

お気に入り登録しておくと、キャストがオンラインになった時に通知を受け取れます。

無料コイン獲得の抽選は毎日24回、1時間に1回のペースで開催されています。

チャットルームは何時間入室・視聴しても無料です。

無料で遊ぶ時の注意点

リクエストにはコインが必要

チップ制ではリクエストにコインが必要です。

無料チャットで要望を言うこともできますが、コイン無しのリクエストはマナー違反なので、キックやブロックされる場合があります。

公開チャットは基本的に控えめ

公開チャットは誰でも無料で見れますが、有料配信に比べると控えめです。

特に日本人キャストは環境なども問題もあるので、激しいプレイは有料配信限定の場合が多いです。

ゲストは一部機能が制限される

ストリップチャットはゲスト(会員登録なし)だと以下の制限があります。

  • 60分で視聴制限がかかる
  • チャットできない部屋が多い
  • お気に入り登録が使えない
  • 無料コイン50枚プレゼントに応募できない

ゲストで視聴していると60分で制限がかかります。視聴制限がかかると配信が一時的に見れなくなり、時間が経つと解除されます。

無料会員登録で視聴制限は解除されます。

ゲストだとチャットが制限されている部屋も多いです。

お気に入り登録と無料コイン50枚プレゼントの応募は会員登録(無料)してから使えるようになります。

プレゼントの応募はメールアドレスの認証も必要です。メールアドレス認証で料金が発生したり、迷惑メールが届くなどはありません。

「無料コイン50枚プレゼント」の注意点

現在開催されている「無料50コインプレゼント」キャンペーンは抽選です。

全員がもらえるわけではありません。

以前は新規登録で全員に無料50コインがもらえるキャンペーンが開催されていましたが、公式に問い合わせたところ、決済会社の制限により現在は停止しているとのことです。

再開するかどうかは未定のようです

ストリップチャットの無料登録について

無料登録するメリット

無料会員登録だけでも視聴制限が解除されたり、無料コイン50枚のプレゼントに応募できるようになるなどのメリットがあります。

コインを獲得すると以下のような機能が使えます。

コインを獲得したら最初に使ってほしいおすすめ機能

インタラクティブバイブ(遠隔バイブ)

インタラクティブバイブはバイブを遠隔操作できる機能です。

1コインから設定されていて、より多くのコインを使えばバイブをコントロールすることもできます。

チャットルームの「Lovense」ボタン、または「プレゼント」→「Lovense」から使用できます。

stripchatのラブンスメニュー画面

強さや秒数によってコインが設定されています。

メニューからコインを送ると、自動で遠隔バイブが反応(振動)します。

一番下の「おもちゃの完全なコントロール」を使うと、時間内で振動をコントロールできます。

stripchatのラブンス操作方法

チケットチャット(チケチャ)

チケットチャットは「買い切り型」の限定配信です。

限定配信にはいくつか種類がありますが、一番コスパが良いのはチケットチャットです。

日本人の女の子はチケットチャットをメインに配信していて、プロフィールページに参加方法を書いてることが多いです。

検索で「チケット」と入力→「チケット&グループチャット」から探すこともできます。

stripchatのチケットチャットの探し方

検索で探す場合は配信中、または告知済みの部屋が出てきます。

グループチャットの部屋も一緒に出てきますが、グルチャは時間制(1分あたり〇〇コイン)なのでチケチャとは別です。

チケットチャットは退室しても、時間内なら入り直せます。

チケットチャットの相場は日本人キャストだと100~300コインくらいです。

外国人だと50コインくらいで配信しているキャストもいます。

その他機能

プレゼントメニュープレゼントメニューはチップのお返しで1コインから設定されています。「プレゼント」→「プレゼントメニュー」から確認できます。
ゴールコイン消費枚数の目標です。達成するとゴール用のお返しが見れます。
ルーレットゲームルーレットでお返しを決めます。プレゼントのくじ引き版です。
録画保存配信を録画できます。録画した配信は「マイコレクション」からいつでも見れます。
限定動画・写真コイン消費、またはファンクラブ入会で見れるようになる限定コンテンツです。
プライベートチャット1:1の2ショットチャットです。スパイチャットでのぞき見できます。
限定プライベートチャット完全1:1の2ショットチャットです。スパイチャットでのぞき見できません。Cam2Cam(ビデオ通話)も可能です。
スパイチャットプライベートチャットをのぞき見する機能です。
プライベートメッセージ他のユーザーには見えないメッセージを送れる機能です。ファンクラブorアルティメット会員入会で解放されます。
ファンクラブ「女の子1人」に対して「限定動画・写真」見放題や「プライベートメッセージ」無制限などの特典が貰えます。月額制です。
アルティメット会員「全キャスト」への「プライベートメッセージ」無制限や「ストリーミングプレビュー」可能などの特典が貰えます。月額制です。

無料登録の手順

会員登録の手順は以下の通りです。

  1. ストリップチャット公式サイトへアクセス
  2. トップページの「緑の50コインプレゼントボタン」、またはチャットルームの「無料コイン50枚プレゼント」から新規登録へ
  3. ユーザー名、メールアドレスを入力してアカウント作成
  4. 届いたメールからメールアドレス認証を完了させる

退会・アカウント削除はいつでも可能

退会(アカウント削除)はプロフィールメニュー→「プライバシーと設定」→「アカウント削除」からいつでも可能です。

ストリップチャットの退会・アカウント削除方法

アカウント削除ボタンはPCだと右上、スマホだと下にあります。

退会のペナルティなどもありません。※所持しているコインはなくなります。

ストリップチャットは前払い制なので、クレジットカードを登録して課金しない限り料金は発生しません。

ストリップチャットの料金は?課金・支払い方法について

コイン枚数はキャストが自由に設定できる

ストリップチャットは、ファンクラブとアルティメット会員以外はキャストが自由に設定できるシステムです。

コイン消費の相場

  • プレゼント:1コイン~
  • インタラクティブバイブ:1コイン~
  • グループチャット:8コイン~
  • チケットチャット:50コイン~
  • ルーレット:30コイン~
  • 録画保存:8コイン~
  • プライベートチャット:16コイン~
  • 限定プライベートチャット:32コイン~
  • スパイチャット:16コイン~
  • プライベートメッセージ:10コイン~
  • ファンクラブ:9.99ドルor300コイン~
  • アルティメット会員:19.99ドルor199.99ドル

コインは無料で獲得できる場合もありますが、お気に入りのキャストができたら課金するとより楽しめます。

コイン購入料金

  • 90コイン:9.99ドル
  • 200コイン:20.99ドル
  • 540コイン:49.99ドル
  • 1,100コイン:96.99ドル
  • 2,350コイン:199.99ドル
コインはまとめて買うほどお得

ストリップチャットコインはまとめて買うほどお得になります。

540コイン以上だとアルティメット会員の7日間無料お試しもついてきます。

アルティメット会員になると以下の特典を受けられます。

無制限のプライベートメッセージ全キャストに好きなだけプライベートメッセージ(ひそひそメッセージ)が送れます。
ストリーミングプレビューサムネにカーソルを合わせると部屋の様子をプレビューできます。スマホの場合もタップ→長押しでプレビュー可能です。
シークレットモードチャットルームで自分のユーザー名を非表示にできます。
季節ごとの限定オファーアルティメット会員限定の割引オファーが季節やイベントごとに届きます。
クールな絵文字アルティメット会員限定でスタンプのような絵文字が使えます。
匿名プレゼント匿名でコインをプレゼントできます。
チャット内バッジユーザー名の横にアルティメット会員限定バッジが表示されます。
ユーザー名を変更ユーザー名の変更が可能になります。(アルティメット会員にならないとユーザー名の変更はできません)
モデレーションパワー女の子からチャットルームのナイト(モデレーター)に指名される権利を得られます。
年中無休のサポート365日年中無休で専門のサポートがライブチャットを通じて対応してくれます。

アルティメット会員になると、2~3か月に1回のペースで限定割引オファーが届きます。

無料お試しは「無料でアルティメット会員をお試しください」にチェックを入れないと適用されないので注意してください。

アルティメット会員は自動継続なので、お試し期間が終了すると自動で月額会員(19.99ドル)に移行します。

必要なければ7日間以内に退会しておきましょう。

退会は「プロフィール」→「マイサブスクリプション」からいつでも可能です。

退会後も期間が残っていれば、期間中は特典を受けられます。

割引オファーは2種類ある

コインの割引は「アルティメット会員限定」と「全ユーザー対象」の2種類あります。

割引オファーやキャンペーンは公式サイト右上の「お知らせ(ベルマーク)→通知」からも確認できます。

ストリップチャット公式サイトを見てみる

支払い方法

ストリップチャットでは以下の支払い方法が選べます。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • PayPal(ペイパル)
  • 暗号資産(仮想通貨)
  • プリペイドカード

手数料と手間を考えるならクレジットカードがおすすめです。

PayPalは手数料が割高ですし、暗号資産は口座開設などの手間があります。

デビットカードやプリペイドカードは便利ですが、未成年でも使えるので決済会社に制限される可能性があります。

クレジットカードは以下のブランドを取り扱っています。

  • VISA
  • MasterCard
  • Maestro
  • Discover
  • JCB

※JCBはEpochのみ利用可能です。

ストリップチャットはペイディカードも使えます

ペイディカードの解説動画

ペイディカード動画のサムネイル

ペイディカードは数時間で発行できて、手数料無料の分割払い(3回)が使えるクレジットカードです。

バーチャルカードなら利用明細なども発行されません。

分割手数料も無料なので、割引セールなどでまとめてコインを購入しておきたいときに便利です。

クレジットカード決済の安全性

サイトはSSL化(暗号化)されている

ストリップチャットのサイトはSSL化されています。

SSLとは、ネット上でのデータ通信を暗号化する技術です。

暗号化されたサイトでは、個人情報などのデータを第三者に盗み見られる危険性が極めて低くなります。

SSL化されているかどうかはURLが「http」ではなく「https」になっているかどうかで確認できます。

最新のセキュリティ技術を導入

セキュリティには最新の技術を導入しています。

ストリップチャットの決済会社「Paymentico」の安全性は暗号鍵(SSL)も強度が最も高い256bit
256bit SSL ENCRYPTION

「256bit SSL ENCRYPTION」は暗号技術(SSL)の強度です。

通常は128bitですが、ストリップチャットでは倍の256bitを採用しています。

COMODO SECURE

「COMODO SECURE」は世界的に有名なセキュリティ会社「COMODO Internet Security」が発行したSSL証明書です。

SSL証明書は無料で発行できるものもありますが、COMODOでのSSL証明書発行は有料です。

COMODOは100か国以上でSSL証明書を発行しているので、暗号技術の強度が証明されています。

PRIVACY in bank statement

「PRIVACY in bank statement」は取引明細に関するプライバシーポリシーです。

アダルトサイトを利用したことが、利用明細に記載されないことを明示しています。

ストリップチャットで課金した場合、決済会社の名前が記載されます。(Paymenticoを選ぶと「UPG*PAYMEBTICO.COM」、Epochを選ぶと「EPOCH.COM」と記載)

無料登録やクレジットカード登録だけでは利用明細は発行されません。

大手決済プロバイダーと提携

ストリップチャットは大手決済会社の「Epoch」と提携しています。

Epochは海外のアダルトサイトやオンラインゲームなどにもよく使われていて、クレジット業界最高クラスの「PCI-DSSレベル1」を2002年から毎年更新しています。

Epochと提携するには厳しい審査を通過する必要があるので、提携できている時点で一定の安全性は保証されています。

Epoch以外のセキュリティも最高レベル

Epoch以外だと、以下の2つの決済プロバイダーを選べます。

  • Paymentico
  • COINGATE

Paymenticoはストリップチャットの系列会社です。導入している技術はEpochと同じなので、セキュリティのレベルは変わりません。

COINGATEは暗号資産(仮想通貨)利用時に選択される決済会社です。Epoch、Paymenticoと違って日本語サポートはありませんが、2015年にサービスを開始され、100カ国以上で使われています。

どちらもEpochと同じく安全性は世界トップクラスです。

2段階認証を導入している

ストリップチャットには2段階認証(二要素認証)が導入されています。

設定すれば不正ログインを防ぐことができますし、不審なアクセスがあればすぐに検知して知らせてくれます。

2段階認証は右上の「マイページ」→「プライバシーと設定」→「二要素認証」から設定できます。

ストリップチャットの2段階認証設定画面

クレジットカード情報はいつでも削除できる

登録したクレジットカード情報はいつでも削除できます。

「Paymentico」の場合はコイン購入画面からクレジットカード情報をすぐに削除できます。

ストリップチャットのクレジットカード情報削除方法

「Epoch」の場合は、公式サイトからメールで問い合わせるとカード情報の変更・削除が可能です。

クレジットカード登録時の注意点

クレジットカード登録で勝手に課金されるなどはありませんが、以下の点には注意が必要です。

アルティメット会員とファンクラブ(ドル支払い)は自動継続

ストリップチャットは基本前払い制ですが、アルティメット会員とファンクラブは月額で自動継続です。

アルティメット会員は月額19.99ドル、または年額199.99ドルの有料会員です。月額を選んだ場合は毎月、年額を選んだ場合は毎年自動継続されます。

ファンクラブはコイン支払いとドル支払いから選べます。コイン支払いだと自動継続はありませんが、ドル支払いの場合は毎月自動継続になります。

アルティメット会員とファンクラブは「マイサブスクリプション」からいつでも解約できます。解約のペナルティなどはありません。

自動補充機能には注意

ストリップチャットにはコインの自動補充機能があります。

自動補充はコインを購入した時に勧められますが、自分のタイミングで課金したい場合はOFFにしておきましょう。

間違ってONにしてしまった場合は「プライバシーと設定」からいつでもOFFにできます。

クレジットカード以外の支払い方法

デビットカード

ストリップチャットではデビットカードが使えます。

デビットカードは、使用するたびに口座から引き落とされる「即時払い」システムです。

口座に入っている金額しか使えないので、後払いのクレジットカードと違って使いすぎる心配がありません。

クレジットカードを発行しているブランドなら、基本デビットカードも発行できます。

デビットカードの発行は審査がありますが、「三菱UFJデビット」なら最短2日で利用できるようになります。

三菱UFJデビットの発行手順
  1. 三菱UFJ銀行の「スマート口座開設」アプリで口座開設
  2. アプリ内で「三菱UFJデビット(VISAがおすすめ)」の発行を選択
  3. 口座開設後、「三菱UFJ銀行」アプリから最短2日でカード情報が確認可能

デビットカード自体は1週間後前後で届きますが、カード情報はアプリ内で最短2日で確認できるようになります。

ブランドはJCBも選べますが、JCBは海外サイトでは使えないところが多いのでVISAがおすすめです。

デビットカードの使い方

デビットカードの使い方は基本的にクレジットカードと同じです。

クレジットカード情報を入力する部分で、デビットカードのカード情報を入力すれば使えます。

手数料

デビットカードの手数料はカードによって違いますが、三菱UFJデビットの場合は発行費用・維持費が無料です。

決済手数料は国内だと無料ですが、ストリップチャットなど海外サイトを利用する場合は「海外事務手数料」がかかります。

海外事務手数料もブランドによって変わります。

三菱UFJデビットの場合はVISAだと3.05%、JCBだと4.65%の海外事務手数料が発生します。

PayPal(ペイパル)

PayPalはクレジットカードや銀行口座と連携して支払えるシステムです。

クレジットカードを持っていなくても、銀行口座を登録すれば海外サイトでも支払いが行えます。

※PayPalはEpochのみ利用可能です。

使い方
  1. PayPalアカウントを作成
  2. 銀行口座を登録
  3. 支払い時に「PayPal」を選択

PayPalアカウントでの支払いは決済情報を入力する手間が省けるので便利です。

手数料

PayPalアカウントの発行は無料です。維持費などもかかりません。

決済手数料は国内だと無料です。

ストリップチャットなど海外サイト利用時は「499円+4%」かかります。

ストリップチャットでPayPalを使う時の注意点

PayPalでストリップチャットコインを購入する場合は少し割高になります。

クレジットカードだと90コインで9.99ドルですが、PayPalだと80コインで9.99ドルと枚数が減ります。

暗号資産(仮想通貨)

ストリップチャットは暗号資産での支払いも可能です。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など40種類以上が使えます。

暗号資産で支払う手順
  1. 暗号資産取引所で口座開設
  2. 取引所で暗号資産を購入
  3. ストリップチャットで暗号資産支払いを選択
  4. 送金する暗号資産を選択
  5. COINGATEのウォレットアドレスに暗号資産を送金

暗号資産取引所は、国内だとビットフライヤーやコインチェックなどがあります。

ビットコインやイーサリアムは国内でも簡単に購入できますが、国内の取引所は海外送金できない場合もあります。

海外送金が目的なら海外取引所の「Bybit」がおすすめです。

手数料

暗号資産で支払いを行う場合は複数の手数料が発生します。

Bybitの場合は以下の手数料がかかります。

  • 入金手数料:2.7%~5%(クレジットカード利用の場合)
  • 取引手数料:0.1%
  • マイニング手数料:数十円~数千円

マイニング手数料は送金手数料のようなもので、暗号資産の種類によって料金が変わります。

ビットコインやイーサリアムのマイニング手数料は2,000円~3,000円かかることもあります。

注意点

COINGATEのウォレットに暗号資産を送金する場合、20分以内に取引を完了させる必要があります。

時間内に完了しなかった場合は取引キャンセルとなります。

暗号資産は慣れていないと使いづらく、送金が失敗することもあるのであまりおすすめはしません。

Vプリカ

Vプリカは誰でも審査なしで即発行できるプリペイドカードです。

携帯番号とメールアドレスだけあれば作れます。

プリペイド(前払い式)なのでチャージした分しか引き落とされませんが、クレジットカードと違って実店舗では使えません。

ネット専用のクレジットカードみたいなものです。

Vプリカについては以下の動画で解説しています。

Vプリカの解説動画

Vプリカ動画のサムネイル

バンドルカード

バンドルカードはVプリカと同じく、審査なしで即発行できるプリペイドカードです。

特徴はVプリカと似ていますが、ストリップチャットで使うならバンドルカードの方がおすすめです。

クレカ以外ならバンドルカードがおすすめ

バンドルカードとは?

バンドルカードは、スマホだけあれば誰でも「審査なし」で「即発行」できるプリペイドカードです。

バンドルカードにはバーチャルカードとリアルカードがあり、バーチャルカードはネット専用でクレジットカードの代わりに使えます。

リアルカードは実店舗で使える普通のクレジットカードです。審査があって即発行はできません。

ここではバーチャルカードを基準に解説していきます

バンドルカード(バーチャル)の特徴
  • 審査なし・年齢制限なしで即発行できる
  • 必要なのは携帯番号のみ
  • 名前や住所など個人情報の入力不要
  • デジタルカードなので紛失・盗難のリスクがない
  • コンビニの店頭端末やATMで手軽に購入・チャージできる
  • 前払い式でチャージが簡単
  • コンビニ決済なら手数料無料
  • 維持費・年会費も無料
  • 支払い履歴はネットでのみ確認可能(紙の明細は発行されない)
  • 実店舗では使えない
  • あと払い機能の手数料が高い
手数料について

バンドルカードはVプリカと違い、コンビニ決済だと手数料はかかりません。

ストリップチャットで使う場合は海外事務手数料(4.5%)が発生します。

Vプリカより0.5%高いですが、合計手数料はバンドルカードの方が安いです。

安全性

バンドルカードはメガバンクである「三菱UFJ銀行」と資本提携しています。

アプリ内で「一時停止機能」も使えるので安全性が高く、不正利用なども防げます。

一時停止はアプリ内の「カード」→「一時停止・解除」から行えます。

利用前の注意点

あと払い機能(ポチッとチャージ・ドコモ払い)の手数料が高い

バンドルカードでは、あと払い機能「ポチッとチャージ」「ドコモ払い(d払い)」が使えます。

あと払い機能はコンビニに行かなくてもチャージできるので便利ですが、その分手数料は高く設定されています。

ポチッとチャージの手数料
  • 3,000~10,000円:510円
  • 11,000~20,000円:815円
  • 21,000~30,000円:1,170円
  • 31,000~40,000円:1,525円
  • 41,000~50,000円:1,830円
ドコモ払い(d払い)の手数料
  • 4,000円以下:300円
  • 5,000円以上:チャージ金額の6.15%

あと払い機能は気にせず使っているとすぐに高額になります。

手数料を考えるなら前払いがおすすめです

事前に手数料とドル円相場を確認しておく

バンドルカードやVプリカ、デビットカードなどは事前に手数料を計算しておく必要があります。

手数料分が足りないと、残高不足でコインを購入できません。

バンドルカードの場合は海外事務手数料(4.5%)を上乗せした金額が必要です。

有効性確認で数ドル分(200円前後)引き落とされる

有効性確認とは、そのカードがちゃんと使えるかどうかを決済会社が確認するためのシステムです。

引き落とされた分は、後日全額返金されます。(即日~2週間前後)

すぐに返金されないこともあるので、有効性確認も手数料として計算しておきましょう。

利用を制限される場合がある

バンドルカードもVプリカと同じく、発行に年齢制限はありません。

年齢制限のある支払い方法は、決済会社に利用を制限される場合もあるので注意してください。

使い方・コンビニチャージの手順

アプリでアカウント登録

バンドルカードを使うには、まずアプリでアカウント登録(無料)が必要です。

以下手順です。

  1. AppStore、またはGoogleプレイストアからアプリをダウンロード
  2. アプリを開いて「次へ」
  3. 「新規登録」からアカウント作成
  4. 電話番号を入力
  5. SMSに送られてきた認証番号を入力
  6. 任意のユーザーIDとパスワードを入力
  7. 生年月日、性別、都道府県を入力
  8. 入力内容をチェックして規約に同意→「登録する」
  9. 登録完了
コンビニで金額を購入・チャージ

アカウント登録が完了したら、アプリに金額をチャージします。

コンビニでのバンドルカード購入可能金額は「1,000円~30,000円」です。

以下のコンビニでチャージできます。

  • セブンイレブン(セブン銀行ATM)
  • ファミマ(Famiポート)
  • ローソン(Loppi)
  • ミニストップ(Loppi)
  • セイコーマート(レジで手続き)
  • デイリーヤマザキ(レジで手続き)

セブンイレブンだと「セブン銀行ATM」が使えるので、レジに行かずにそのまま現金でチャージできます。

ファミマ、ローソン、ミニストップは店頭端末を操作してレシートを発行→レジへ持って行って現金を支払ってチャージします。

セイコーマートとデイリーヤマザキはレジで「バンドルカードをチャージしたい」と伝えて手続きを行います。

コンビニでのチャージはチャージ方法問わず手数料無料です。

ATMだと1,000円単位でのチャージになるので小銭は使えません。店頭端末の場合は小銭を使えます。

以下のセブンイレブンのセブン銀行ATMを使ったチャージ手順です。

1分動画でも解説しています

バンドルカードショート
動画のサムネイル
  1. セブン銀行ATMで「チャージ」を選択
  2. 「QRチャージ」を選択
  3. QRコードが表示されます
  4. バンドルカードアプリを開いて「チャージ」→「セブン銀行ATM」
  5. 「チャージ手続きへ」
  6. 「QRコードの読み取りへ」を押してQRコードを読み取る
  7. バンドルカードアプリに表示された「企業番号」をセブン銀行ATMへ入力
  8. 入力して「確認」
  9. 注意書きが表示されるので「確認」
  10. チャージ可能金額と手数料を確認して「確認」
  11. 下の投入口が開くのでチャージしたい分を投入→金額を確認して「確認」
  12. 明細票の必要不要を選択
  13. チャージ完了

以上でバンドルカードのチャージは完了です。チャージ金額と取引内容はアプリ内で確認できます。

コイン購入手順と買えない時の対処法

ストリップチャットコインの購入手順

以下はバンドルカードでストリップチャットコインを購入する手順です。

  1. ストリップチャット公式サイトへアクセス
  2. 右上の「+」ボタンからコイン購入画面へ
  3. 支払い方法はクレジットカードを選択
  4. 好きなコイン枚数を選択して「次へ」
  5. 決済プロバイダーを選択
  6. バンドルカードアプリでカード情報を確認
  7. 各項目をコピペして「提出」で完了

解説していきます。

右上の「+」ボタンからコイン購入画面へ
ストリップチャットのコイン(tk/トークン)をバンドルカード匿名支払いで購入する手順1.右上の「+」をタップ
支払い方法はクレジットカードを選択、好きなコイン枚数を選択して「次へ」
ストリップチャットのコイン(tk/トークン)をバンドルカード匿名支払いで購入する手順2.「クレジットカード/デビットカード」を選択してコイン枚数を選んで「次へ」をタップ
決済プロバイダーは「Paymentico」がおすすめ
ストリップチャットのコイン(tk/トークン)をバンドルカード匿名支払いで購入する手順3.決済プロバイダーは安全性の高い「Paymentico」を選択

決済プロバイダーは「Paymentico」がおすすめです

Paymenticoはカードを複数登録できて、カード情報の削除も簡単なので便利です。

Epochはカードを1枚までしか登録できず、カード情報の変更や削除やメールでの申請が必要です。

ストリップチャットのクレジットカード決済会社「Paymentico」では「新しいカードの追加」のVプリカ・バンドルカードなども簡単に切り替えられる
バンドルカードアプリを開いて「カード情報を表示」
ストリップチャットのコイン(tk/トークン)をバンドルカード匿名支払いで購入する手順5.バンドルカードアプリを開いて「カード情報を表示」をタップ
各項目をタップしてコピー
ストリップチャットのコイン(tk/トークン)をバンドルカード匿名支払いで購入する手順6.バンドルカードアプリで「カード番号」「セキュリティコード」「有効期限」「代議人名(ニックネーム)」をタップでコピー
各項目にペーストして「提出」
ストリップチャットのコイン(tk/トークン)をバンドルカード匿名支払いで購入する手順7.ストリップチャットに戻って「有効期限」「セキュリティコード」「代議人名(ニックネーム)」をペーストして「提出」をタップ
購入完了
ストリップチャットのコイン(tk/トークン)をバンドルカード匿名支払いで購入する手順8.購入完了

※有効化をONにするとコインが少なくなったときに自動で課金されます。

購入が完了すると、右上のコイン枚数が増えます。

ストリップチャットのコイン(tk/トークン)をバンドルカード匿名支払いで購入する手順9.右上の+マークの横のコイン枚数が増えていることを確認

ストリップチャットコインが買えない時の対処法

決済会社を変更する

ストリップチャットでは決済会社を選べます。

コイン購入でうまくいかないときは、もう片方の決済会社を選ぶことで解決する場合があります。

バンドルカードの場合、お支払い方法で「クレジットカード/デビットカード」以外を選んでいる場合もエラーになるので注意してください。

回線を確認する

ネット回線・Wi-Fiの調子が悪いとエラーになります。

フリーWi-Fiなどは電波が悪く、セキュリティ面でも危険なので注意しましょう。

スマホの場合、Wi-Fiを切ると改善されることがあります。

クレジットカードに切り替える

アダルトサイトの場合、バンドルカードやVプリカ、デビットカードは「以前までは使えていたのに使えなくなる」ということがよくあります。

年齢制限のない支払い方法は、決済会社が利用を制限することがあるからです。

クレジットカードは18歳未満では作れないので、利用制限されることはほぼありません。クレジットカードが使えるならクレジットカードがおすすめです。

ペイディカードも年齢制限があるので、利用を制限される可能性は低いと考えています。

ペイディカードについては以下の記事でもくわしく解説しています。

DXLIVE(DXライブ)の最新クーポンと無修正ライブチャットを無料で見る裏技

その他課金するときの注意点

プロフィールをよく読む

ストリップチャットは無修正OKですが、必ず見れるわけではありません。

特に日本人キャストの場合は、無料配信では見れないことが多いです。

「日本の法令を遵守した配信をしています」や「性器の露出はありません」など書いてあると、有料配信でも見れない場合もあります。

チケットチャットなどを利用する時はプロフィールをしっかり読んでおきましょう。

1:1チャットをしている日本人キャストは少ない

ストリップチャットは無料の公開チャットが最も多く、有料の限定配信も1:複数のチャットが多いです。

日本人キャストもチケットチャットやグループチャットをメインにしている場合が多く、1:1チャットをしている子は少ないです。

たまに受け付けている子もいますが、1分につき150コインなど相場は高めです。

チケットチャットはいつ開始するかわからない

チケットチャットは人数が増えてから開始されることが多いです。

スケジュールを決めている子もいますが、基本は不定期です。

有料配信には個別のルールがある

ストリップチャットの有料配信は、キャストが個別にルールを決めていることが多いです。

例えば、有料配信(チケチャなど)だとリクエストし放題の場合もあれば、有料配信でもリクエストはコインが必要な場合もあります。

ルールについて気になる点があれば、事前にチャットで確認しておきましょう。

有料配信のルールについての質問であれば、無料チャットでもキャストや常連ユーザーが答えてくれることが多いです。

バンドルカードにはチャージ上限額がある

バンドルカードにはチャージ額に上限があります。

  • 1回のチャージ上限額:3万円
  • カードに貯めれる残高上限額:10万円
  • 毎月で使える上限額:12万円
  • 累計で使える上限額:100万円(100万を超えたら再発行手続きが必要)

累計の使用額が100万円を超えると再発行手続きが必要になります。

再発行を行うと別のカードになるのでカード番号が変わりますが、残高や利用履歴は引き継がれます。

ストリップチャットのアプリは安全?

公式サイトからアプリを入手する場合は安全です。

ストリップチャットはスマホでアクセスすると、画面上部に「Stripchatのアプリをゲット」と表示されます。

「ゲット」を押すと「共有」→「ホーム画面に追加」でアプリアイコンが追加されます。

厳密にはアプリではなくスマホ用のブックマーク機能なので、App StoreやGoogle Playストアなどからダウンロードすることはできません。

公式サイトからダウンロードしたものであれば、中身はWEB版と同じです。どちらから課金しても問題ありません。

コインの返金には条件がある

ストリップチャットはコインの返金に対応していますが、以下の条件を満たしている必要があります。

返金の条件
  • 30日以内に購入した未使用コイン
  • 最後に購入したパッケージ
  • クレジットカードまたはPayPalでの購入

返金申請は公式サイトの「サポート&FAQ」→「Contact Support」から行えます。

問い合わせは、日本語で送れば日本人スタッフが対応してくれます。

チケットチャットなどですでに使用したコインに関しては、キャストが対応してくれれば返金してもらえる場合があります。

返金条件は各キャストのプロフィールで確認できますが、「開始5分以内に終了した場合は返金対応」や「チケットチャットの返金は原則不可」などキャストによって違います。

ストリップチャットを無料・有料で遊んでみた感想【まとめ】

ストリップチャットを無料・有料で使ってみた感想です。

結論、ストリップチャットは無料でも十分楽しめます。

日本語対応も進んでいますし、国内サイトと同じ感覚で使えます。スマホでも使いやすいです。

配信者も多く、無料で最後まで見せてくれるキャストもいるのでネタには困りません。

日本人の女の子も増えてきていて、チケットチャットでは100~150コインで30分以上配信してくれる子もいます。

チケットチャットのデメリットをあげるとすれば、「20~30コインで数分だけ見たい」など細かい使い方ができない点です。

細かく楽しみたい場合はグループチャットがおすすめです。

以前はグループチャットの相場が高めでしたが、最近は8~16コインのグループチャットで配信する女の子が増えてきています。

傾向として、人気配信者はチケチャが多く、始めたての女の子はグルチャが多いです。

グルチャだと数分だけ気軽に入室することもできますし、リクエストもしやすくなっています。

ただ、人気のキャストだとグルチャの料金設定が高く、リクエストも別途コインが必要な場合もあるので注意が必要です。

ストリップチャット全体のデメリットとしては、1:1(プライベートチャット)で話しにくい点が挙げられます。

人気のキャストになると、プライベートチャットは1分につき150コインなどが相場です。90コイン=9.99ドルなので手軽には使えません。

ストリップチャットは視聴人数が多いので、プライベートチャットを拒否している子もいます。

1:1のチャットや数分の視聴ならDXLIVE(DXライブチャット)がおすすめです。

DXLIVEはシステム的にも1:1で話しやすく、一律1.2ポイント(2.4ドル)/分で無修正オナニー中の部屋に即入室することもできます。

ストリップチャットでは有料配信でもリクエストにコインが必要なことが多いですが、DXLIVEはチャット中のリクエストにポイントなどは基本必要ありません。※マナーを守ることが前提です。

どちらがいいかは使い方次第ですが、ストリップチャットは基本無料で楽しみつつ、チケットチャットのタイミングが合えば課金するのが一番コスパが良いと感じました。

ストリップチャットは支払い方法も豊富ですし、安全性も問題ありません

無課金でも十分楽しめますが、課金するとさらに楽しめます。

支払いは手数料と手間を考えればクレジットカードが一番おすすめですが、クレジットカード以外だとバンドルカードがおすすめです。

前払い式なので使いすぎる心配もなく、コンビニチャージ手数料も無料なので気軽にチャージできます。

ストリップチャットは割引オファーも頻繁に実施されています。この機会にぜひチェックしてみてください。

ストリップチャット公式サイトへ

-海外ライブチャット攻略